« April 2004 | Main | July 2004 »

2004.06.30

続報!:ディープブルー

with EOS in one hand: ディープブルー

    日本語吹き替え版を、待望します!!

ということで、配給元?の東北新社の方へメールにて問い合わせたところ

東北新社 映画・ソフト営業部 ご担当様よりメール

    日本語吹き替え版ですが、ただいま作製の方向で調整しておりますので、
    詳しい時期、劇場などは決っておりません。
    決り次第、公式のHPなどでお知らせ致しますので、お待ちください。

との回答を得ました!! やり~!! 期待大!!!
今年の夏は、わくわく熱い(うん?涼しい?)イベントになりそうです。

また、先程の記事『ディープブルー』に対し、『ダラダラブログでいってきます。』の
『BLUE』様よりトラックバックいただきました!ありがとうございました!


| | Comments (0) | TrackBack (1)

ディープブルー

Mix Juice: 絶対観たい!!!

    この夏、どうしても観たい映画
    ディープブルー
    記事はこちら
    めっちゃ観たいーーーーー!!!
    もうねこのサイトのTrailerを観たらビビるで。マジで。
    もう5回みたもん(笑)
    予告編だけマジでちょーエキサイト!
    でっかいスクリーンで観たいーーーーーーー!!!!!

わーおー!!! おいらも見たいし、見せたいなあー
ネイチャー系大好きのおいらの家族には、もうたまらん!

ナレーションが英語&字幕なんだろうか?
日本語版はないのかなあ??

好奇心一杯のうちの「偉大な人」が、
『いま、なんていったの? 下の字、読んで~』
となるのは、予見できる。
映画館じゃー、迷惑ってことになり、連れていけんなあ~。(;_;)

う~ん、DVD化された時ぐらいに、大型テレビで見られるように、
貯金をはじめるべきか・・・・
いやいや、やはり、izuizu氏同様、映画館のスクリーンで、みたい、みせたい!!
日本語吹き替え版を、待望します!!

| | Comments (1) | TrackBack (4)

2004.06.28

pro1

canon powershot pro1 を触ってきました。

Pro1 と言う名前から、canon がかなり力をいれて発売した機種だろうと、
想像しておりました。

良い点:
1.持った感触

  かなり小さいですねえ!手のひらの中にデジタル一眼のシステムが、
 全て収まってしまっているという感じがいいです。

2.集積された機能

  1.で書いてしまいましたが、28~200のLレンズ付き一眼と考えますと、
 機能が、ギューッと濃縮されている感じです。食べ物に塩をふって、水分を
 とばし、うまみ成分を引き立たせたようなそんなカメラです。
  一眼で、このシステムを構成し、携帯しようと思いますと、かなり、大げさ
 になってきます。重たいレンズ2本必要ですね。

3.バッテリー

  できれば、乾電池の利用がありがたいのですが、EOS10Dと同じタイプの
 バッテリーというのは、良いですねえ。このバッテリーもともと(今もかな?)
 キャノンのビデオカメラ用のバッテリーらしく、サードパーティから、格安の
 バッテリーが出ている点もありがたいのです。
  ちなみにわたしの場合、純正1個、サードパーティ製2個のバッテリーを
 保有しております。

4.操作性

  ちょこっといじっただけですが、EOS10Dあるいは、E0S系銀塩を保有されて
 いる方にとっては、すごぶる扱いやすいのではないでしょうか?
 全く同じシステムではないのですが、10D→KISSデジ より、 10D→PRO1
 の方が、操作における親和性は高いように感じました。
 KISSデジでは、どうもしっくり来ませんでしたが、PRO1では、すすっす~っと
 やりたいことができるように感じました。

悪い点
1.電動ズーム

  この機種だけにいえることではないのですが、デジカメや、コンパクトカメラ
 のズームはどうして電動ズームにしちゃうのでしょうか?
 機械式で、手で、ぐるっと回せば、欲しい画角がでるのが望ましい!
 一眼を使っている人間からすると、とんでもなくもどかしいです。

  動画ですと、一定のスピードでズーミングしないと、非常に気持ち悪い映像
 になりますので、 ビデオカメラに電動ズームを搭載する理由はわかるのですが、
 デジカメでは止めて欲しい機能です。機構上のコストの問題なのでしょうか?

  それと、段階的なズームもちょっと違和感が、何度もクリックしないとスクロール
 しないアプリケーションのようで、どうもイライラします。
 USM仕様で高速ズームといううたい文句ですが、高速とは、なにとの比較か、
 ちとよく分かりませんでした。


2.電子ビューファインダ

  電子式のメリットもわかりますが、液晶モニターで確認できることを、スタイル
 だけで、ファインダにする必要があるのか?という点に疑問を持ちます。
 わたしの場合、ファインダ越しに撮影したくなるのは、動きのある物です。
 電子式の場合、動きのあるものを、おいますと、ブレがでて、とっても見にくい
 です。できれば光学式にして欲しかったですねえ・・・

3.感度

  ISO400が上限というのは、ちょっと低いような気がします。
  実際に撮影したわけではないので、この感度設定の有効性は未知数
  ですが、普段EOS10Dなどで、スナップの常用にしているのが、800
  のため、ちょっと心配ですねえ。
  わたしの場合、動きのあるものといいましても、人物ですので、ある程度
  いけると思うのですが、スポーツや、動物などを追うには辛いでしょう。
 (これで、そんな被写体を追わないということもいえますが・・・)


4.価格

  まあ、これだけの機能を詰め込んで、携帯できるキャノンのシステムと
 考えれば、割安なのかもしれませんが、絶対値的価格で考えますと、
 やはり、割高でしょう・・・


5.ディマージュA2の存在

  一眼ですと、レンズシステム等による縛りもあり、なかなか他メーカーへの
 移行は、おいそれとできないわけですが、これ単体で、ひとつのシステムと
 なりうると考えますと、コニカミノルタ ディマージュA2の存在は驚異です。
 カメラのスペック的には、ディマージュA2の方が抜け目がないように、感じます。
  手に持った感触が、やはりミノルタのカメラなので、わたしは、購入までには
 いたらないのですが、キャノンが、この機械に追いつくような製品を、そのうち
 登場させそうで、pro1の購入をためらわせる原因となると思いました。


総合的に判断しまして、
『とっても魅力的!!、でももうちょっと、まちかなあ???』
という結論に至りました。

おわり!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.26

デジカメ つまみぐい

携帯のデジカメの調子が悪い。
単純に、一番外側のグラスが汚れているのが原因と思っていた
画像の曇りが、どうも、もっと内部に原因があることがわかってきた。
たいした写真を撮るわけでもないのだが、どうも気に入らず、
携帯可能な、デジカメがほしくなった。

条件を考えると、

1.乾電池駆動可能であること。
2.フォワイトバランスの調整が簡単であること。
3.露出補正が簡単であること。
4.絞り優先モードがついていること。
5.ズームの駆動が軽快であること。
6.起動から撮影終了(メモリー書き込み)までが、高速であること。
7.ファインダー(液晶モニター)が動きの速い被写体でも、表示可能なこと。
8.小さくて、軽いこと。
9.価格が安いこと

となった。
『そんなデジカメを、今、研究中です!!。』
とメーカーさんに言われそうな条件である。

Continue reading "デジカメ つまみぐい"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.25

6/25のスパム

今日は、47通。

早急に、事件の後始末をすべく、タイミングをはかりますが、
なかなか、人が揃いません・・・・
まさか、それぞれの人の前で、何回も笑いをとるのは、かえって妖しまれます。

・・・・ああ、今日も5時を回りました。
うっ、うっる。
え~い、もう、時間に解決してもらおうと思います。

p.s.
サボってる。。。っていわれるぐらいならいいですが、セクハラ扱いになると、
かなり、やばいっすが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.24

通常版 6/24のスパム

6/24は、45通。

ふうっ・・・・・・
なぜ、ふうっ・・・・かは、特別版のほうを、参照ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

特別版 6/24のスパム;スパムで冷や汗

本日のスパム!っと、楽しくいきたいところだが、昨日、事件が
起こってしまった。

スパムのはなしは、カウントしても楽しいのは自分だけだし・・・
とくに、ネタというわけでもないし・・・・
そろそろ、うちきりの方がいいような気がするし・・・

と死に絶えた種族の言語を用いて、考えていたところに、自ら、
ネタフリをすることになろうとは・・・(冷や汗)

Continue reading "特別版 6/24のスパム;スパムで冷や汗"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.06.23

修正;EOS7D?!

昼休みに、情報源の雑誌を購入してきました!
with EOS in one hand: EOS 7D ?!

『デジタル一眼レフ 2004夏』日経BP社 というムック本でして、この本の、
「各社次期モデルを大胆予想」というコーナーに記事がでています。

文頭に、ライターの方の”予想”と”期待”である、と書かれているのですが、
かなり詳細にわたる予想でして、精度の高い情報なのかな???という印象を
うけました。
詳細につきましては、本をご購入ください!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6/22のスパム

47通

今日は、かなり多いですねえ・・・・
日々、AM9:00を締めとして、集計しています。

今までは、メールチェックするたびに、「右から左へ」てな感じで、
ゴミ箱行きだったもので、日々どれぐらいのスパムが来ているか、
はっきり把握していませんでした。

Weekdayは、1日20通ぐらいスパムがきてるかなあ・・
なんて思っていたのですが、人間の感覚なんて、
あてになりませんねえ。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

EOS 7D ?!

EOS 7D 登場の可能性が大、との記事を、立ち読みした本で
見つけました。
時間的制約から、購入する暇がなかったのですが、
(題名もわからず・・・)詳細を詰めたいです。

・・・・ただ、ラフスケッチみたいなものしか載っておらず、
かつ、わたしも記事の内容をななめよみしただけなので、
もしかしたら、単なる希望、予想、記事かも知れません。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.06.22

6/21のスパム

6/21、わたしがもっとも長く保有しているメールアドレス宛スパムは、

27通

ホームページ通販用として公開しているメールドレスでは、こんな数じゃ
すまないです。

ちなみに、大手0CNさんにも、接続回線確保目的のアカウントがある
のですが、こちらは、さらに凄いスパムになってます。たま~に、
メールサーバーの状況を、のぞくのですが、腐った食べ物が入った容器
をあけるような気分です・・・ぷんぷんにおってます(笑)
ちなみに、ocnのアドレスでは、メール送信用、HP公開用にもつかった
ことがなく、そもそも、このメールアドレス宛にメールを送付してもらう
ようなこと(メルマガですら)をしたことがありません。
大概、英文ですので、海外からOCNはねらい打ちなのでしょうか?

一時期、ニフティさんのアドレスもスパムだらけになったことが
ありますが、最近収束してきました。スパムメールブロックもできますし、
今のところ、いい感じです。

諸事情から、ニフティのアドレスもメインのアドレスではありませんが。。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

D70に嫉妬

以前、取材を受けたときに、記者の方が持っていたカメラが、D70であったり、
with EOS in one hand: 新聞記者がやってきた
先日買った、マイカメラDIGITAL Vol.1のD70に関する記事や、広告を見たり
しているうちに、D70に興味が・・出てくる。

用事のついでに、店頭でさわってみる。
「おお・・・これは!」
と言いたいところであったが、もっぱらキャノン党である私にとっては、
操作がわからない点が多数・・・”測距点は、どうやってせんたくするんじゃ~ など”

装着されていたレンズのせいか?、10Dよりも以上に重たく感じた。
ボーリングの球を、重さを見ずに力任せに持ち上げた時のような気分。。。
「ぐふぁふぁふぁふぁ・・・お、おもてえ・・・中年の手首がねんざする。。。。」
周りの人に悟られないよう、冷静を装う。

前からのお顔は、結構すてき。浮気ごころ、がでてくる。
後ろの姿は、大嫌い・・これはキャノン系(Kiss デジタルをのぞく)の
方が、わたしの趣味にあっていた。

総合的に申しまして、わたしが、購入を決意するには、レンズシステム
等々、お顔等々、操作系等々、問題が多々あることは判明したの
ですが、起動の早さ、連写の良さに関しては、かなり、かな~り、
嫉妬してしまう、はらぐりでした。  以上

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.06.21

本日(6/18pm5:00~6/21am9:00)のスパム

今回は、金曜日、定時終了後から、土日を挟みまして、
翌週月曜日、始業時までのスパムです。

117通・・・・

もちろん、あっさりゴミ箱行き。
何とも、無駄。
人類全体のリソースをスパムが消費している
と考えると、なんとも、愚かな行為。
スパムで、広告うって、利益にまで結びつけることが
できている人って、どれぐらいいるんでしょうね???

結構いるのかなあ??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.20

歌は世につれ

歌と思い出が重なることはある。
その詳細がまったく思い出せなくとも、
深い感情のシルだけが、歌に染み込んで
いるときが、ある。

フジテレビ『僕らの音楽』に玉置浩二が出演。『田園』を今から歌おうとしている。
ドラマの主題歌だったこと、カラオケで歌ったことがあること、は思い出せても
ドラマの題名は、おろか、イントロ、歌詞すべてが飛んでしまっていた。

でも、なんか、『しぶ~い、つらすぎるけど、なんとかはいあがりたい・・』
というなんとも表現できない気持ちだけが、よみあがってくる。
布巾に染み付いた汚れのように。

イントロがはじまる・・・・歌詞が頭のしわに染み込んでくる。
ゆっくりと、乾燥しきった気持ちの記憶の断片と、血を吸って、
感情へと復帰してくる。

「あ~、今もこの気持ちが”欲しかったんだ・・・・”」

感情が頭から目の奥、両手両足、そして、心へと流れだす・・・
やりきれない思い。くじけるのは悔しすぎる。できるはず。
できるはずだから、悔しすぎる。そうだ、悔しさだ・・

『そうか、今の俺は、悔しかったんだ!』

自分の年齢と、この感情との、私の理解の中でのギャップが、
すべてを押し殺していたようだ。

ちょっと、楽になりました。

世につれて、はやり歌はかわっていくのだろうけれど、
過ぎ去った世につれて生まれた、過ぎ去った日々のはやり歌よ、
今、われのまえにその姿をあらわし、心をとかしてくれてありがとう!

ほんとに,ほんとにありがとう。

そして、あの頃からそばにいてくれた人よ、
恥ずかしいから、君に見えないところで
感謝の意を表します(笑)

Continue reading "歌は世につれ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.19

1000000人のキャンドルナイト

1000000人のキャンドルナイト

メッセージが強いのもいいけど、
なんかこう、ほ~っとする、
こんなムーブメントもいいっすねえ・・・

なら燈花会が、登録されてないのが、ちょっと
残念。サイトは、ぱっとしないが、当日の奈良は、きれいだよ~
(人は多い・・・)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.18

リコーのGR

電写暦さまから、トラックバック返しをしていただいたので、さらに、
トラックバック!バック!!というか、気になる話題があったので・・

電写暦: 気になるカメラ(2の続き)

   フィルムカメラの時には、その写りから名機といわれる「GR1」という
   コンパクトカメラが有名だし、21mmレンズを搭載した超マニアックな
   コンパクトカメラ「GR21」を発売した粋なメーカーである。このGRシリ
   ーズのデジタルカメラ版を望むユーザーはこの度の 「Caplio GX」の
   「G」に少なからず惹かれているようだ。

とのことで、ハラグリもGR1ユーザーなんだが、GRにゾッコン!!
とはいかなかった。
一眼レフで育ったはらぐりにとって、どうもファインダが見難くく、
撮影しにくいのである。修行がたりん、ともいえるが、自分の思った
ところに、ピンをもっていくことがかなり難しいのである。
人などを撮るとき、目にピンを持っていくことが、うまくできず、
ちょっと間の抜けた感じになってしまう。

GRの魅力は、そのGRレンズにある・・・との評が多く、「優れた描写力」
というコメントが多い。ライカのLマウント GRもある。あったぐらいだ。
しか~し・・・ピンがうまくあわせきれないおいらにとっては、
その描写力を体感できることは、かなりの努力が必要なのである。

ただ・・・・何気なく1枚というときには、とってもよろしい!
普通のコンパクトカメラとくらべると、ひじょ~によろしい。まったく
別物であることは、ピンがあわずとも、かんたんに理解・体感できる。
下手なコンパクトカメラよりもずっと、薄型なので、スーツのポケットにも
入る。一眼レフを構えたときのように、被写体を緊張させることもない。

片手で構えて
「はい・・チーズ!」と楽しくとりつつ、いけてるお写真が製造できる。

そうそう、自分撮りも、軽くてコンパクトなので、簡単だ!
一眼レフ、EOS1vにLレンズでは、自分撮りはかなり酷だ。
(できないとはいわない)

そうそう、そう、ピンはなかなか自由にならんが、絞り優先、かつ
露出補正簡単なのは、非常によろしい・・・

GRは、私にとって「もう、、、大好き!」というカメラでは
ないのだが、「さすがにEOSは携帯できん・・・・」というときには、
重宝するカメラなのだ。(なんども、地方出張では同行してもらった)

さて、デジカメの話題にもどるが・・

Continue reading "リコーのGR"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.17

本日のスパム

わたしの、某プロバイダのあるメールアカウント、
本当にスパムばかりで、使い物になりません。

本日のスパム62通をカウントしました。

あるソフトで一括処分しているのですが、
日々の記録をとってみようかなと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.16

顔文字

ろぷ氏は、blogの行間も調整されているとのこと、

もげきゃっち: ウェブ上の文章って?

   あとは、顔文字でしょうか。 ( *・ω・)ノ ←こんなヤツですね。
   これは世代の差もあるかもしれないけど… やっぱり「ちゃらちゃらしてる」と
   感じて不快に思うヒトも多いのかな?

はらぐりは、オンビジネスでも、心がある程度通じていると感じているお客様には、
簡単な顔文字(^_^;) や、(笑)なんかをよく使います。
ろぷ氏も、上記記事にて、少し触れられているのですが、
ぼくがもっとも強く感じるのは、

FACE to FACE のコミュニケーションや、
電話での声のコミュニケーションは、
なんと、情報量がおおいのだろうか!

ということ。
文字で「すいません」と書くのと、
顔の表情が見える環境で言うのと、
電話で言うのと、
を比べますと、
どう考えても、文字には限界があります。
いろいろ書き足して、こちらの微妙な気持ちを
伝える方法もありますが、顔文字や、(笑)
なんかは、かなり簡単にこちらの意図を伝える
ことができます。

ネットぎらいの方々たちは、すぐ、
「やっぱり、人と人のつきあいは、直接 会って成立するもんだよ」
なんて、よくいいますけど、そんな感覚的なものではなくて、
実際に、顔の表情や、声の抑揚、身ぶり手ぶりには、
とんでもない情報量があるんですよねえ!!!

常識ということで、理由づけて話しをすまそうとするのは、
ものごとの本質がわかっていないか、十分な論拠が
ない証拠かと・・・思います。

こういう方々に限って、メールなどでは、いい加減な文章を
書いてきて、電話で確認しないといけないような状況を
つくりあげたりしてきます。。。。。
自分に責任があるのに、きまって、彼らの口から出てくるのは、

「やっぱり、人と人のつきあいは、直接 会って成立するもんだからねえ」

なんですよねえ・・・・
丁寧にわかるように、文章かけっっちゅうの!!!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

IXY DIGITAL

ふと、web空間を散歩中に、「電写暦」というblogを発見

電写暦: デジタル一眼は欲しいけれど・・・

   けれどコンパクトカメラを使わずに一眼だけとなるとそんなには
   撮らないだろう。なぜかと言えば毎日持ち歩かないから。
   一時期デジタル一眼がとても欲しかったが最近はそうでもない。
   毎日持ち歩けること、それが楽しい。(続く)

この気持ち、とってもよくわかる。気合が入っていたころは、
EOS3と仕事用のA4ノートPCをかばんにいれてあるいていたが、
なかなか、EOS3をかばんから取り出して、かつスーツ姿での
撮影は厳しいものがある。EOS10Dでもこの点は同様。

電写暦オーナー氏は、IXY DIGITAL 500をサブ機としてお使い。
きれいなキノコの写真を撮っておられ、おもわず、わたしの触手も
動いた。
そういえば、かつて、IXY DIGITAL 所有し、日々かばんにいれて
いる時期があった。いざとろうというときに限ってガス欠。
いや、バッテリー切れ。

今の機種なら・・・という期待も込めて、

・電池がもつか?
・電源オンから撮影終了までの時間が実用的であるか?
・感覚的な撮影(うまく表現できんが)が可能か
・動きのあるものをとめられるか?

などなど、チェックリストを作り出すが、すると
結局一眼にもどってしまう。
実のところ、10Dでも、EOS3と比べると、ずっとずっと見劣りする。
EOS1Vにて撮影したあとなどでは、10Dを床に投げつけたくなる。

以前、なにかのMLで、
『持ち歩けない高級一眼よりも、日々、持ち歩ける使い捨てカメラのほうが大事』
という発言があった。チャンスで撮れなきゃ、意味がない・・・という発言趣旨
だったと思う。
この意見にも賛成!

とはいえ、一眼のファインダーごしに撮影する感覚や、思ったときに瞬時に
シャッターが下りてくれる感覚は大好きなのである。
当分、悩みは続く。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.06.15

ハウジング

久しぶり・・・というか、ほとんど初めてのカメラネタです。

夏も近づき、今年は海に行く予定なので、愛機10Dの海辺仕様を考えます。
『やっぱり、潮風や、砂には、注意しないと・・・』と思い
『となると、ハウジングか?』と発想致しました。

早速、googleにて検索・・・
水中カメラ・水中撮影機材 DX-10D SEA&SEA

『なんと!2...20マン?生産終了?!』

とそんなこんなしておりますと、うちの偉大な人が、あるカメラ
をもってやってきました。
『これで、タコタコチューチュー、撮っていい?』
彼の手には、ハウジング仕様の写るんです が・・・・・・
そ、そうか、夏の行楽程度なら、こ、これで充分じゃないか!!!!
とっても、とってもリーズナブルじゃないか!!!!!

またもや、偉大な人にやられました。

注) タコタコチューチュー とは?
入浴剤の力で、お風呂の中を上下するタコ型のおもちゃを、
偉大な人は、タコタコチューチューと呼んで、非常にかわい
がっております。

偉大な人
『ねえ、タコタコチューチュー! お風呂きもちいいかあ?』
タコタコチューチュー
『うん、とっても気持ちいいよよ』(by ハラグリ)

ちなみに正式名称は
「プカプカふろっぴー」というそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おどろきのヒット数

ブログピープルの効果・・・絶大でした。
なんと、約1日で、1000件近いヒット数・・・・

しかし、見てくださった方申し訳ない、コンテンツがショボくて・・・
といっても、もう二度と見てくれていないでしょうから、
いまさら・・・ですねえ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

アンラッキー;ランダムピックアップ

去る6月13日、ブログピープルのトップページ、
「ランダムピックアップ」に当選し、1日、上部右端にリンクが
掲載されるという、ラッキーを引き当てました。

が、しかし・・・・・
当選していると気づいたのは、6月14日午前9時30分ごろ・・・
「ランダムピックアップ」の掲載期限は、
6月13日12:00から6月14日12:00まで・・・

月曜の仕事もあるし、更新しようにもできない・・・


ブログピープルからの当選案内のメールには

このチャンスを是非ご利用いただき、貴サイトのアクセス向上の一環としてご利
用いただければと存じます。

とありましたが、まったく活用できず・・・・

当選を人に自慢する時間すらありませんでした・・・
う~ん、アンラッキー

せめて当選のお知らせを1日前におしえてほしかったです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.10

あやめ池遊園地のその後

with EOS in one hand: 夢のあと ~あやめ池遊園地~

あやめ池遊園地のその後が気になりました。
森や、池があり、遊具を取り払ってからも、小さな森林公園が
できそうな広い敷地を持っています。
できれば、有料でもいいから、ぶらっと出かけられる公園、
庭園にしてもらえたらなあと思いました。
子供からおじいさん、おばあさんまで、ゆったりとくつろげる、
ちょっとした散歩ができる、そんな公園が高級住宅地に
あってもいいと思いました。

たしか、あの辺は風致地区でもあったと思います。

奈良新聞 『近づく「さよならの日」-あやめ池遊園地』社会 2004年6月3日より

    連続回転のジェットコースター「トルネイダー」や世界最大級の
   メリーゴーラウンド「グランカルーセル・ペガサ  ス」など遊園地内の
   主だった遊具は閉園後、札幌市の観光開発会社「加森観光」を通して
   兵庫県の姫路セントラルパークなどへ移設される。その他の遊具も
   加森観光へ一括して売却されることが決まっており、ゴンドラ
   「あひる艦隊」やティーカップが回る「メリーカップ」などの遊具にも
   今後、どこかの観光施設で再稼動する可能性が残された。

姫路セントラルパークなら、まだいけるなあと・・・
しかし、あやめ池にあったから思い入れがあるだけで、それにのるだけのために、
姫路まで出かける気はもうとうありません。

Continue reading "あやめ池遊園地のその後"

| | Comments (186) | TrackBack (3)

2004.06.07

夢のあと ~あやめ池遊園地~

ayameike_1.jpg
 終日を予定していたカンファレンスが、あっさり午前中で終わった。多量にたまったペンディングを処理できる、と少し喜んだが、「この時間、自分のために使おう・・・」と思った。こんな時ようにと、かばんに詰め込んでいる本を開け、喫茶店を陣取るが、どうもまとまらない。「何か大事なことを忘れているのでは・・・」そんな気がした。

 週明けのあやめ池は、すでに、柵が作られていた。入場者数を伸ばすことには、なかなか対策をたてられなかった割には、素早い対応だ。鉄くずをつんだトラックも往来していた。自分の思い出の場所、というよりも、子供の思い出の場所となり得たかもしれない場所が、またひとつ、なくなっていくことが、なんとも切なかった。「君が幼稚園のころまでは、ここに遊園地があったんだよ・・・・」そんなことを、話している場面を想像すると、子供のなんとも物悲しげな表情が想像できた。

 うちの家は、厳しい家庭ではなかったが、子供のわがままを聞いてくれる家庭でもなかった。生活が苦しかったわけでもないが、必要ない金銭は、徹底的につかわない家庭だった。夏こそ、プールに連れて行ってもらったが、乗り物には乗せてもらえなかった。夏以外で連れて行ってくれるときは、近所の電気屋や、新聞屋から、入場券をもらったときや、サーカスがやってきたとき、ぐらいだった。当時は、東芝のショップ店が、遊園地に招待してくれていたのだ。
 当時、まだ独身だったおば、おじは、忙しかった父母にかわって、ことあるごとにいろんなところへ連れて行ってくれた。祖父母宅と、私の家の位置関係もあって、遊園地というと、生駒山上であって、あやめ池遊園地ではなかった。

 そんな、ぼくにとって、あやめ池遊園地は、「思い出の場所」というよりは、たまにしか手の届かない、「憧れの場所」という印象が、心のそこに、いまなお根強く残っている。電車で2,3駅、車で20分、今でこそ、すぐそばの遊園地が、当時は、本当に遠くにある、夢の園だったのだ。


Continue reading "夢のあと ~あやめ池遊園地~"

| | Comments (4) | TrackBack (1)

2004.06.04

はらぐりとは・・

方言は行_はひ  はらぐり(じゃれ合い)

まるまるとふとった日本犬の子犬が、じゃれ合っているような
かんじだろうか?
なんとも、いいイメージだ。
おなかのでた ぐり(「ぐりとぐら」より)という説もあるが、
これも、正解である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.03

近づくなかれ!

040603_153101_001.jpg土日 祝日、あなたは、この案内図に決して近づいてはいけない!
近づいた約10秒後、あなたに何かが起こる。。









Continue reading "近づくなかれ!"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.06.02

新聞記者がやってきた

本日、新聞記者さんが取材にきました。
取材しにきた項目は、まあ、たいしたことはなかったのですが、
当然、気になるのは機材ですねえ・・・

すごすごと、バックから出てきた機材は、
う~ん、残念、やっぱりニコンでした。
D100か?・・・私程度の被写体では、D70どまりでした・・・・
まあ、デジタル一眼だっただけでも良しとしましょう。

しかし、もし「KISS デジタル」シルバーボディだったら、
もっとショックが大きかったでしょう・・・・うるうるおめめ

カメラマンの機材を見た、カリスマ美容師が、
「わたしをそんなカメラで撮らないで!」
とおこって取材を拒否した気持ちがすこし、わかりました(爆)

| | Comments (17) | TrackBack (0)

« April 2004 | Main | July 2004 »